仮想化クリニック

現在のサーバー稼働状況を見える化。
既存環境のリソース状況(パフォーマンス)と仮想マシン化した際のリソース使用率を予測。

仮想化クリニックの概要仮想化クリニックの流れお客さまにご準備いただくこと

仮想化クリニックの概要

仮想化クリニックとは

仮想化クリニックは、サーバー統合やレガシー延命等、仮想化を実現するために導入効果を定量的に測定し可視化したい、お客さま向けサービスです。お客さまの既存サーバー環境からデータを収集・分析して、仮想化した場合の効果を具体的に数値化し詳細にレポーティングします。既に仮想化を導入されているお客さまもリソース使用状況を改めて把握し、将来的な増強計画の見直しにもご利用頂けます。

仮想化クリニックの特長

  • サーバー毎の稼働状況を調査し、最適な推奨システム構成を提案します。
  • 仮想化シュミレーションから、TCO削減効果を明確にします。
  • お客さまのサービス・運用を止めることなく調査します。

このようなお客さまにおススメ!

  • サーバー台数が増え管理運用が負担である。
  • 毎年、運用コストが高くなっている。
  • CPU使用率10%未満のサーバーが多くある。

仮想化クリニックの流れ

仮想化クリニックのサービス提供範囲

仮想化クリニックは、STEP1~4の流れで実施します。
約1か月ほど、お時間を頂戴いたします。

仮想化クリニックのサービス提供範囲

※お客さまの対象サーバー環境に応じて、上記スケジュールは変動いたします。
※予定よりも期間が早まる場合もあります。

データ収集期間・間隔

対象サーバーの業務・用途により収集期間・間隔を決定します。

  • 収集期間は、対象サーバーの用途にもよりますが、通常1ヶ月程度に設定。月始、月末に高負荷がかかる場合には、その期間に設定。
  • 収集間隔は、パフォーマンス情報ファイルの作成にかかる時間よりも長い時間を設定する必要があるため、事前テストによる確認が必要。通常は10~15分間隔での収集を実施。

※通常、パフォーマンスデータの収集時に対象サーバーへ高負荷をかけることはございません。

お客さまにご準備いただくこと

仮想化クリニックは対象サーバーの選定が必要です。

対象サーバーの選定は、お客さまにご準備いただくことが2点ございます。

(1)サーバー情報のご記入

必要情報は、「任意のカテゴリ名」「ホスト名」「OS情報」など、サーバー毎の稼働状況を可視化するために、対象サーバー情報をご記入いただきます。

(2)仮想化クリニック実施ハードのご準備

現在ご使用のPC、サーバー上に仮想サーバーとして作成します。
※仮想サーバーの作成は当社にて行わせていただきます。

ソフトウェアMicrosoft Windows 2000 SP3
Microsoft Windows XP
Microsoft Windows 2003 (English Version)
ハードウェアCPU: 1GHz以上
Memory: 768MB以上 (1GB以上を推奨)
Disk: 20GB以上の空き容量
Network: GigabitEthernet(1Gbps)もしくは
FastEthernet(100Mbps)

ご参考価格

ご参考価格¥500,000(税別)
ご要件の内容によって、費用が異なります。まずは、ご相談ください。

実際に導入いただいたお客さまの声

仮想化クリニックを実施されたお客さま事例です。

株式会社東急コミュニティー様

サーバー台数を74台から12台までに削減し、コストの削減に成功。
システムも安定稼働し、管理・運用がスムーズに。

株式会社東急コミュニティー様
業種:不動産・住宅

導入を検討の方はこちらから

  • 資料請求フォームを別ウィンドウで表示します
  • お問い合わせのページを表示します