レガシー延命

旧アプリケーションを最新のハードウェアに乗せ、アプリケーションの延命を実現します。

レガシー延命 「レガシーアプリ・ライフサポートサービス」とはレガシー延命のサービス提供範囲その他レガシー延命のメリット

レガシー延命 「レガシーアプリ・ライフサポートサービス」とは

レガシー延命とは

旧OSアプリケーションをそのまま最新のハードウェアに移行。サーバーを統合し、一元管理することにより運用管理コストを削減します。仮想化ソフト(VMware)を利用して、安価に社内サーバーのハードウェアリプレースを実現します。

仮想環境への移行

レガシー延命の特長

  • アプリケーションを、そのまま最新のサーバー環境上で利用できるようになります。
  • 複数のオペレーティングシステムを、少数のサーバー上に構築できます。

レガシー延命の検討タイミング

レガシー延命の検討タイミング

レガシー延命のサービス提供範囲

レガシー延命は、お客さまの環境に応じて導入スケジュールは変動いたします。

サービス提供範囲

試行・計画支援
(コンサルティング)
仮想環境の導入計画策定支援を実施します。統合対象サーバー リソースの収集及び収集した情報を元にサイジングを行います。
仮想環境事前検証既存システムの仮想環境移行の是非を事前に検証します。
仮想環境構築各仮想マシンのパラメータ設計からソフトウェアの設定まで、仮想環境の構築作業を一貫して実施します。
移行代行現在利用の物理サーバーから仮想環境への移行作業を実施します。
動作確認テスト支援仮想環境でのアプリケーションの動作確認テストを支援します。
教育仮想サーバー環境の運用、管理方法や各種ツールの利用方法について教育を行います。

その他レガシー延命のメリット

既存システム上の環境について、VMware社が無償で提供する移行ツール「VMware Converter」を利用して仮想化環境に移行(マイグレーション)を行います。「VMware Converter」ではウィザードによる操作の簡素化を実現し、ホットマイグレーション、コールドマイグレーションにも対応しています。

ホットマイグレーションの作業ステップ

図:ホットマイグレーション 作業ステップ(概要)
1. 移行操作を行うサーバーに対しVMware Converterの
クライアントをインストールします。
 ↓
2. ネットワーク上で、クライアントから移行元となる
物理サーバーを検出します。
 ↓
3. 移行先マシンを指定し、新たな割り当てるリソース
パラメータ等を設定します。
 ↓
4. 移行タスクが開始され、移行が完了します。

コールドマイグレーションの作業ステップ

図:コールドマイグレーション 作業ステップ(概要)
1. 移行元物理サーバーをシャットダウンし、
VMware ConverterのBoot CDを挿入後、起動します。
 ↓
2. 起動したマシンから、移行先の仮想サーバーを検出します。
 ↓
3. ウィザードに従い、新たな仮想環境で割り当てるリソースパラメータ等を設定します。
 ↓
4. 移行タスクが開始され、移行が完了します。

レガシー延命の導入事例

実際に導入いただいたお客さまの声

レガシー延命の導入により旧システムの移行を実現しましたお客さま事例です。

導入を検討の方はこちらから

  • 資料請求フォームを別ウィンドウで表示します
  • お問い合わせのページを表示します