TOPへ戻る

クラウドのアプリを活用するには?

「すぐに利用できる」、「バージョンアップ作業が不要になる」 など、新しいアプリケーションの利用方法としても注目を浴びているクラウドサービス。

しかし、ITやクラウドのことがあまり詳しくないという企業にとっては、どのようにサービスを選び、手配したらよいか、分からないというケースも多いようです。今回は、「専任のIT担当者がいなくても、クラウドのアプリを活用するには?」をテーマに、ネットで簡単に利用のお申し込みができる、当社のオープンクラウドマーケットをご紹介します。

※『MINONARUKI』は2013年12月26日をもって『オープンクラウドマーケットプレース』に名前が変わりました。

オープンクラウドマーケットプレースとは1カ月900円から選べる使える節電対策や事業継続計画に

オープンクラウドマーケットプレースとは

クラウドのアプリケーションはどうやって手配するの?

従来、企業でアプリケーションを導入するためには、多額の費用を投じて自社専用の個別システムを開発したり、あるいは、市販されている一般的なパッケージソフトを、ベンダーや自社で選定して購入するといった方法が一般的でした。
しかし最近では、より手軽で簡単にアプリケーションを利用できる方法があります。それが「クラウド」です。「クラウド」とは、ネットワーク経由でアプリケーションやITリソースを提供するサービスのことです。つまりクラウドを利用することで、アプリケーションをすぐに利用できる、ユーザー側でのバージョンアップ作業が不要になる、月額課金で利用できるなど、さまざまなメリットがあります。しかし、クラウドのアプリケーションはどのように選べばよいか、あるいはどのように手配すればよいか分からないというケース方も多いようです。 こうした問題を解決するために、2011年5月、ネットで簡単に利用お申し込みができる、オープンクラウドマーケットプレース「MINONARUKI(みのなるき)」をオープンしました。

イメージ図:オープンクラウドマーケットプレースとは、バリエーション豊富なサービスの中から、まるで果実を枝から、もぎとるように、お客さまがお選びいただいたサービスをすぐにご利用できます。

アプリケーションを選択する前に、まずはクラウドを理解するところから?

一口にクラウドのアプリケーションを利用するといっても、必要な機能や利用の仕方は企業によって千差万別です。また、専任のIT担当者がいないために、そもそもクラウドのことがよく分からず、クラウドサービスの選択や検討が容易でないほか、導入後に自社の業務とのミスマッチが生じるなどの問題もあるようです。そのため「MINONARUKI(みのなるき)」では、最適なアプリケーションを選択できるように、クラウドのアプリケーションを簡単にご理解いただくためのコンテンツを豊富にご用意しています。
トップページのプレゼンテーション動画では、クラウドの基礎知識と「MINONARUKI(みのなるき)」について、約3分間で解説します。また、アプリケーション選びのポイントやFAQ、用語解説など、あまりITやクラウドに詳しくない方でも理解しながら選んでいただくことができます。さらには、「お困りの課題」「御社の業種」「ご担当の業務」などのカデゴリから、おすすめのアプリケーションをご覧いただくことも可能です。実際の操作内容もデモンストレーション動画にてご確認いただくことができますので、お客さまのニーズに即した最適なアプリケーションを、簡単に探し出すことができます。

マーケティング本部 小松 清

イメージ図:「MINONARUKI(みのなるき)」のトップページ

1カ月900円から選べる使える

1カ月900円から、多種多様なアプリケーションが選べる使える、
日立グループのクラウドマーケットプレース

MINONARUKI(みのなるき)」は、日立のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」のオープンクラウドマーケットプレースとして位置づけられており、当社や日立グループ各社はもとより、日立グループ以外のサービスベンダーも含め、業務効率の向上や経営課題を解決する多種多様なアプリケーションを選択できます。
Microsoft Office2010 などの一般事務に必要なものから、固有の業種に特化した専門性の高いものなど、品質とパフォーマンスに優れたアプリケーションを多数ご用意しています。1 カ月900円から利用できるものもあり、コスト面、特に初期投資の抑制にメリットがあります。無料トライアル期間が設けられているアプリケーションも多数ありますので、まずはトライアルでお試しいただくことをおすすめします。

イメージ図:Microsoft Office 2010® も、月額使用料にてご利用いただけます。

節電対策や事業継続計画に

「所有から利用へ」の流れで、忘れてはならないのは省電力

クラウドを利用するメリットとして忘れてはならないのが、「節電対策にもつながる」ということです。震災の影響による昨今の電力事情から、各企業においても電力の削減が急務になっていることと思います。
すでに仮想化でサーバー集約を推進されているお客さまもいますが、多くのお客さまは、自社でサーバールームを所有し、サーバーやIT機器の管理者も置いているため、その維持や管理がエネルギー全般のマネジメントとして、大きな負担になっているのではないでしょうか。
クラウドを利用することで、サーバーそのものの電力が削減できるだけでなく、そうした維持・管理のコストやエネルギーも削減できるようになります。また、データやアプリケーションがクラウド上にあれば、災害や停電などのリスクを回避し、事業継続の対策にもなります。
今回の震災を機に、社会全体の節電に対する意識は加速し、単なる意識に留まらず、具体的な準備を進めている企業も少なくありません。当社はクラウドを省電力ソリューションの一環と捉え、「MINONARUKI(みのなるき)」を通してクラウド化を推進すると同時に、アプリケーションをより快適にご利用していただくための各種機能を、これからもますます強化してまいります。

イメージ図:節電対策や事業継続計画にも、クラウドの利用は効果的

バージョンアップとアプリケーションの拡充で、
さらに使いやすくバラエティー豊かに

MINONARUKI(みのなるき)」は今年7月に予定のバージョンアップにより、代金決済が従来のクレジットカード払いに加え、口座振替ができるようになるため、多くの企業にとってよりご利用しやすくなると思います。また、バックグラウンドでは、より機能強化されたCMS(コンテンツマネジメントシステム)を実装しますので、FAQなどのサイトコンテンツの更新が容易になり、お客さまの生の声を即事に反映できるようになるなど、よりスピーディな情報提供が可能になります。
今後は他社製の人気のあるアプリケーションもラインナップに加えるべく注力し、よりオープンで、お客さまから愛されるクラウドマーケットに育ててまいります。

マーケティング本部 小松 清

関連ソリューションのご紹介

小規模なサーバー統合~プライベート・クラウドまでオールインワン・パッケージ。

ITリソースを、月額費用で必要なときに必要量だけご提供。

セキュアなWebアクセス環境を実現するSaaS型サービスを実現。


関連サービスのご紹介

企業の省電力化をサポートする、各種クラウドサービスをご提供「MINONARUKI(みのなるき)」

TOPへ戻る

導入を検討の方はこちらから

  • 資料請求フォームを別ウィンドウで表示します
  • お問い合わせのページを表示します