TOPへ戻る

Windows XPサポート終了に伴う、さまざまな移行課題と解決策

Windows XPは、2014年4月9日にサポート終了となります。

これに伴い、OSの移行が必要なことは認識していても、「移行をどう進めたらいいかわからない」「Windows XP依存のアプリケーションがある」などの課題を持つお客さまが多くいらっしゃいます。

今回は、Windows XPにおける移行課題の解決策や、移行の進め方の一環について、当社のVMwareの担当に話を聞きました。


単なるOS移行ではなく、クライアント課題の解決機会として捉える企業も

Windows XPのサポートが2014年4月9日に終了することは、ニュースなどで知っていても、どのようなリスクがあるかを押さえきれていないお客さまが多いようです。 サポート終了後は、Windows XPをターゲットとしたマルウェアが急増することが予想され、セキュリティリスクが高まります。情報流出や、復旧不可による業務の生産性低下につながる恐れもあるため、重要な経営課題として取り組んでいただく必要があります。

私たちのもとへは、昨年から「Windows 7やWindows 8への移行をどう進めればいいか」「Windows XPでしか動かないアプリケーションをどうすればいいか」「社内で仮想デスクトップが候補に挙がったが、実際はどうか」といったお問い合わせを多くいただいています。また、「これを機にクライアント環境を見直したい」と、あらゆる移行方法を比較検討されるお客さまもいらっしゃいます。

日立システムズ 産業情報サービス事業部 第二システム本部 Vソリューション設計部 大原 秀雄

Windows 7/8移行に伴う調査・検証の必要性

クライアントPCは、サーバーと違って複数拠点にわたっていたり、ユーザーが個人的にアプリケーションをインストールしていたりするため、思った以上に手間と時間がかかります。また、Windows XPとWindows 7/8ではユーザーインタフェースが異なり、Officeアプリケーションのバージョンアップが必要になる場合もあります。ユーザー教育が不十分なままの移行は、業務に支障を及ぼす恐れがあり、IT部門もユーザーからの問い合わせ対応に追われることになりますので、調査・検証をしっかり行うことが必要です。

Windows 7/8へ移行する際に考慮すべきポイントは、大きく次の5つです。

【ポイント1】 Windows 7か、Windows 8か
Windows 8はアプリケーションが出揃っておらず、操作性も大きく違うことから、Windows 7が最有力です。ただし、利用アプリケーションの動作に影響がない場合は、サポート期間が長いWindows 8を選択するケースもあります。

【ポイント2】 Windowsイメージをどうやって展開するか
専用ツールを使って、1台ずつ手動でキッティングする方法があります。Windows 7/8を仮想デスクトップで利用する場合は、イメージ展開が自動で行えますので、クライアント台数が多い場合のキッティング時間を大幅に短縮できます。

【ポイント3】ユーザーのデータ/プロファイルをどうやって移行するか
Internet Explorerのお気に入りなど移行するものを限定し、その他は再設定する方法や、マイクロソフト社の専用ツールを使う方法があります。あるいは、VMware社の「VMware Horizon Mirage」のように、OSレイヤーだけをWindows XPからWindows 7へ置き換えられるツールを活用する方法もあります。

【ポイント4】Windows XPで利用していたアプリケーションがWindows 7/8で動作するか
仮想のWindows 7/8を立ち上げるなどして、事前に検証する必要があります。ただし、アプリケーションがOSのバージョンチェックを行っている場合や、APIの互換性や権限、対応ブラウザーによっては、動作しない可能性があります。

【ポイント5】運用上の差異にどう対応するか
ライセンスの認証方式や、ユーザーアカウント制御(UAC)、Active Directory設定など、Windows XPとWindows 7/8で異なる事項について事前に把握しておくことが必要です。

どうしてもWindows XP依存アプリケーションが残る場合のXP延命ソリューション

Windows XPに依存するアプリケーションが残ってしまう、という問題をお抱えのお客さまが多いことから、サポート終了後のセキュリティリスクを低減しつつWindows XP環境を維持できる「XP延命」ソリューションを用意しています。
ただし、常に最新のセキュリティ更新プログラムを適用したWindows 7/8と同じ運用はできませんので、あくまでも暫定対応となります。

ケース1: 仮想デスクトップを利用してWindows XPを立ち上げたい場合

クライアントPCはWindows 7/8へ移行し、Windows XPは仮想デスクトップを利用します。Windows XPの継続利用によるリスクを低減するために、トレンドマイクロ社の「Deep Security」のような仮想環境におけるウイルス対策/侵入検知ソフトウェアを導入し、Windows XP利用のセキュリティリスクを最小限にとどめます。

ケース2: 物理PCでWindows XPを継続利用したい場合

セキュリティリスクを低減するために、

1.ウイルス対策メーカーが提供する仮想パッチ(ウイルス対策/侵入検知ソフトウェア)を導入する
2.ファイアウォールで限定したシステムにしかアクセスさせない
3.ターミナルで公開されたブラウザーを使用し、直接インターネットへ接続しない

といった対策をとる必要があります。

段階的なプロセスが移行成功のカギ

移行成功のカギは、段階的なプロセスにあります。まずは、対象台数や機種、ライセンスの種類、接続デバイス、利用アプリケーションなどを把握する現行調査(フェーズ1)を行います。次に、パフォーマンスやデータ/プロファイル移行、アプリケーション動作の検証(フェーズ2)を行った後、移行台数やOSの選択、必要であればアプリケーションの改修(フェーズ3)を経て、実際のPC展開(フェーズ4)を行うといった流れになります。

日立システムズ 産業情報サービス事業部 第二システム本部 Vソリューション設計部 大江 伸登

Windows® XPからの移行プロセス

アプリケーションがWindows 7/8で問題なく動けば移行、動かなければシステム改修のうえでWindows 7/8へ移行するか、あるいはXP延命ソリューションを検討する必要があります。また、Windows 7/8へ移行する場合も、そのまま物理PCに移行するか、サーバー上でクライアントOSを動かして画面イメージをクライアントPCへ送信する仮想デスクトップ(および、Windows Serverを使ったターミナルサーバー方式)へ移行するかを選択します。

Windows XPからの移行検討

日立システムズのWindows XP移行ソリューション

物理PCへの移行は、PCの持ち出しによる情報漏えいリスクや、ユーザーが個人的にアプリケーションをインストールするといったクライアント課題は依然として残りますので、私たちはお客さまのご要望に適した方法を提案しています。

仮想デスクトップへの移行では、ユーザーの手元にデータを残さないというセキュリティ強化の面だけでなく、災害対策や、在宅勤務といった新しいワークスタイルへの対応を視野に入れた、スマートデバイスの業務活用が実現できます。

仮想デスクトップを利用したクライアント将来像

日立システムズはWindows XP移行の調査段階から導入まで、お客さまのご要望に合わせ、トータルにサポートしています。

私たちへご連絡いただければ、お客さまの社内の関係部門と連携し、課題解決に適した移行を支援いたします。お気軽にお問い合わせください。

TOPへ戻る

導入を検討の方はこちらから

  • 資料請求フォームを別ウィンドウで表示します
  • お問い合わせのページを表示します