セミナー情報

日立システムズ/VMware仮想化サミット2012名古屋

2012年7月12日(木)開催・日立システムズ/VMware仮想化サミット2012名古屋(参加無料)

ご案内

クラウドコンピューティング環境とそれを支える仮想化技術の進展により、ユーザーのワークスタイルが大きく変化し、インフラの展開・運用手法、そして使用するデバイスなどの変革が先進企業で始まっています。
本セミナーでは、将来の変革を見据えた企業ITの新しい姿と、それを実現するためのソリューション、そしてVMwareのキーテクノロジーを紹介するとともに、エンドユーザーコンピューティング(仮想デスクトップ)とそのメリットや課題などについて、お客さまケーススタディを交えながら紹介します。

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

特長

エンドユーザーコンピューティング(仮想デスクトップ)の改革に挑む

企業のクライアント環境、すなわちエンドユーザコンピューティング(仮想デスクトップ)の改革について今後具体的にどのように進めていくべきか、またどのようなメリットがあり、課題は何なのか、お客さまのケーススタディを交えながら今後のエンドユーザーコンピューティング像について紹介させていただきます。

参加対象者

  • 経営者CIO
  • 情報システム部門の統括者、管理者さま
  • 仮想化・クラウドを検討されているお客さま
  • 仮想デスクトップを検討されているお客さま

セミナー・イベント情報

日程2012年7月12日(木曜日)
14時30分~17時(受付:14時~)
会場
参加費無料(事前登録制)
定員50名様
主催株式会社 日立システムズ
共催ヴイエムウェア株式会社
  • 本イベントの受付は終了しました。

プログラム

時間セミナー内容
14時~14時30分受付
14時30分~15時20分

「ビジネスを加速させる仮想化とクラウド~国内事例から見える仮想化の実益と『Your Cloud.』へのステップ~」

クラウドコンピューティング環境とそれを支える仮想化技術の進展により、インフラの展開・運用手法、ユーザーのワークスタイル、そして使用するデバイスなどの変革が先進企業ではすでに始まっています。本セッションでは、将来の変革を見据えた企業ITの新しい姿と、それを実現するためのソリューション、そしてVMwareのキーテクノロジーを紹介します。

ヴイエムウェア株式会社

15時20分~15時30分10分休憩
15時30分~16時10分

「企業が仮想デスクトップを採用する理由、そのメリットと課題について」

企業のIT基盤で仮想化技術の活用が拡大していく中、最近ではPCをも仮想化し、運用する事例が増えています。なぜ今、企業はPCを仮想化するのか?どんな期待を持って仮想デスクトップを導入するのかを整理して紹介いたします。また仮想デスクトップは、多くのメリットが享受できる反面、課題も多々あると認識しています。この辺りも事例を交えて説明します。ぜひ仮想デスクトップ導入への一歩を踏み出していただけたら幸いです。

株式会社日立システムズ

16時10分~16時50分

「コレで幸せに!エンドユーザーコンピューティングの改革に挑む」

今日の企業活動並びに日常生活は益々グローバル化し、日本国内では解決すべきさまざまな難局が迫っています。その状況下で、なぜ企業のクライアント環境、すなわちエンドユーザーコンピューティングの改革が必要なのか、今後具体的にどのように進めていくべきか、当社製品戦略と先進的に取り組まれているお客さまのケーススタディを交えながら今後のエンドユーザーコンピューティング像について紹介させていただきます。

ヴイエムウェア株式会社

16時50分~17時質疑応答

※講演内容については、変更が生ずる場合がございますのでご了承ください。
※お申込み登録の際、フリーメールアドレスでの受付ができませんのでご了承下さい。お申込み完了メールが届かない場合がございます。
※SIer、同業他社などはお断りさせていただく場合がございます。

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社日立システムズ VMware仮想化サミット(名古屋)事務局
担当:飯田(いいだ)
TEL:052-232-0984
e-mail: seminar-chubu.qu@hitachi-systems.com

[個人情報の取扱について]
弊社が本セミナーで収集するお客さまの氏名・住所などの個人に関する情報は、今後、弊社および弊社パートナー企業が主催・もしくは出展する展示会やセミナーのご案内や新商品情報、キャンペーン情報など、弊社および弊社パートナー企業からの情報提供を目的にしたものであり、ほかの目的に利用したり、ほかに提供・開示することは一切ありません。

  • 本イベントの受付は終了しました。