セミナー情報

第43回VMware理解が深まるセミナー

2012年11月19日(月)開催・第43回VMware理解が深まるセミナー(参加無料)

ご案内

このたび日立システムズでは、VMware仮想環境構築検討中のお客さまや、既に構築済みのお客さまに向けてセミナーを開催します。
本セミナーでは、現在の仮想化環境の運用の効率化、仮想サーバーの最適再配置、DRへの発展など、仮想化ならではのメリットをさらに引き出す為のヒントを紹介します。

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。
※参加者特典としてVSolutionオリジナルグッズをプレゼントします。

特長

VMware仮想環境の最適化と有効活用

VMware vCenter Operationsを始めとする、仮想環境の運用管理手法について整理し、分かりやすくご説明いたします。

参加対象者

  • 経営戦略やIT戦略などに携わる管理職の担当者さま
  • 情報システム部門の管理職の担当者さま
  • 情報システムの運用・管理の担当者さま

セミナー・イベント情報

日程2012年11月19日(月曜日)
15時~17時(受付:14時30分~)
会場
参加費無料(事前登録制)
定員30名様
主催株式会社 日立システムズ
協力ヴイエムウェア株式会社
  • 本セミナーの受付は終了しました。

プログラム

時間セミナー内容
14時30分~15時受付
15時~15時40分

「仮想環境の運用管理について VMware vCenter Operations」

仮想化によるサーバー統合から始まり、全社プライベートクラウドプラットフォームへの展開、サーバー仮想化統合への展開を実施されるお客さまが多くなっております。本セッションでは今後ますます効率的な運用管理が必要となってくるプライベートクラウドプラットフォームでの仮想サーバーの監視について、vCenter Operationsの最新機能や適用方法についてわかりやすく紹介します。

ヴイエムウェア株式会社
パートナーシステムズエンジニア
塚田 大輔 氏

15時40分~16時20分

「VMware仮想環境におけるログ管理の重要性」

仮想化技術においては、「仮想環境管理者」という「OS管理者」以上に強大な権限を持ったユーザーが出現します。「仮想環境管理者」は、仮想マシンの起動・停止に加え、作成・削除・構成変更を行うことができ、誤操作や悪意を持った操作により、大きなトラブルを引き起こすリスクを帯びています。また、仮想化ソフトウェアというレイヤーが増えることによって、障害切り分けの要素も増えることになります。本セッションでは、仮想環境におけるログ管理により、これらの課題解決を行う手法について分かりやすく解説させていただきます。

株式会社日立システムズ
Vソリューション設計部
佐藤 和人

16時20分~16時50分

「仮想化システム監視・運用サービスのご紹介」

お客さまに代わり、日立システムズから貴社仮想化システムに対してリモート監視を行うサービスをご紹介します。お客さま既存資産を使用することで導入コストを最小限に抑えサービスを開始できます。全国320箇所の日立システムズ保守拠点と当社SEが連携することで、システムの監視運用に安心をお届けします。

株式会社日立システムズ
Vソリューション設計部
赤坂 勉

16時50分~17時質疑応答・個別相談会

※講演内容については、変更が生ずる場合がございますのでご了承ください。
※お申込み登録の際、フリーメールアドレスでの受付ができませんのでご了承下さい。お申込み完了メールが届かない場合がございます。
※SIer、同業他社などはお断りさせていただく場合がございます。

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社日立システムズ VMware理解が深まるセミナー 事務局
e-mail: vsolution.yw@ml.hitachi-systems.com

[個人情報の取扱について]
弊社が本セミナーで収集するお客さまの氏名・住所などの個人に関する情報は、今後、弊社および弊社パートナー企業が主催・もしくは出展する展示会やセミナーのご案内や新商品情報、キャンペーン情報など、弊社および弊社パートナー企業からの情報提供を目的にしたものであり、ほかの目的に利用したり、ほかに提供・開示することは一切ありません。

  • 本セミナーの受付は終了しました。