セミナー情報

第44回VMware理解が深まるセミナー

2013年1月23日(水)開催・第44回VMware理解が深まるセミナー(参加無料)

ご案内

このたび日立システムズでは、既に仮想化環境を導入済みのお客さまや、これからの導入を考えられているお客さまに向けて、VMware仮想環境導入後の課題解決をテーマにセミナーを開催します。
本セミナーでは、導入済みの仮想化環境の調査・改善、アップグレードやリプレース実施時の課題とその解決法など、仮想化環境での運用を継続するために必要となるポイントを説明します。

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。
※参加者特典としてVSolutionオリジナルグッズをプレゼントします。

特長

VMware仮想環境導入後のお悩み解決!

VMware仮想環境を活用しきれていない、メリットが見えないなどのお悩みや、アップグレード・リプレースの際に発生する課題などのあるお客さまに向け、解決策の説明と、仮想化環境の最適化および有効活用のお手伝いをします。

参加対象者

  • 経営戦略やIT戦略などに携わる管理職の担当者さま
  • 情報システム部門の管理職の担当者さま
  • 情報システムの運用・管理の担当者さま

セミナー・イベント情報

日程2013年1月23日(水曜日)
15時~17時(受付:14時30分~)
会場
参加費無料(事前登録制)
定員30名様
主催株式会社 日立システムズ
協力ヴイエムウェア株式会社
  • 本セミナーの受付は終了しました。

プログラム

時間セミナー内容
14時30分~15時受付
15時~15時50分

「ビジネスクリティカルなアプリケーションの仮想化と、効率的な災害対策の手」

クラウドコンピューティングの実現には、ビジネスクリティカルなアプリケーションの仮想化は避けては通れない道です。最近はSAPやOracleなど多くの基幹業務がVMware上で運用されていますが、可用性・コスト・運用管理・災害対策などさまざまな検討課題があります。本セッションでは、ビジネスクリティカルなアプリケーションをプライベートクラウド上で安定的に稼働させるために注意すべき点や、災害対策を実現するVMware製品を解説します。

ヴイエムウェア株式会社
パートナーシステムズエンジニア
塚田 大輔 氏

15時50分~16時20分

「安心して運用できるプライベートクラウドを教えます」

仮想化技術が一般化している昨今、その技術を使ったプライベートクラウドは、サーバーの集約などでコスト削減効果がすぐに把握できるので、企業の情報システム部門には興味深いソリューションであることは間違いありません。しかし、導入にはさまざまな不安があるのではと考えます。そのひとつがパフォーマンスではないでしょうか。本セッションでは、安全で安心できるプライベートクラウドの運用について、事例を交えて紹介します。

株式会社日立システムズ
Vソリューション設計部
大江 伸登

16時20分~16時50分

「VMware環境のバージョンアップの秘訣を教えます」

日本の「仮想化元年」と言われていた2008年から2009年。その頃から企業に急速に導入が進んだVMwareの環境もそろそろハードウェアのリプレース時期を迎えております。そこで本セッションでは、VMwareの環境を最新バージョンにアップグレードする際の方式や留意すべき事項などを紹介します。

株式会社日立システムズ
Vソリューション設計部
大島 義明

16時50分~17時質疑応答・個別相談会

※講演内容については、変更が生ずる場合がございますのでご了承ください。
※お申込み登録の際、フリーメールアドレスでの受付ができませんのでご了承下さい。お申込み完了メールが届かない場合がございます。
※SIer、同業他社などはお断りさせていただく場合がございます。

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社日立システムズ VMware理解が深まるセミナー 事務局
e-mail: vsolution.yw@ml.hitachi-systems.com

[個人情報の取扱について]
弊社が本セミナーで収集するお客さまの氏名・住所などの個人に関する情報は、今後、弊社および弊社パートナー企業が主催・もしくは出展する展示会やセミナーのご案内や新商品情報、キャンペーン情報など、弊社および弊社パートナー企業からの情報提供を目的にしたものであり、ほかの目的に利用したり、ほかに提供・開示することは一切ありません。

  • 本セミナーの受付は終了しました。