仮想化システム運用支援サービス

仮想化システムのシステムライフサイクルの安定稼働を支援

仮想化システム運用支援サービスの概要運用設計〜分析・対策を総合的に支援

仮想化システム運用支援サービスの概要

仮想環境を運用する上で、ハードウェアの台数を削減しても物理サーバと仮想マシンが共存するため、管理者は仮想環境の管理という新たな課題に直面します。このように運用が複雑化する中で、障害の検知や物理サーバと仮想マシンの最適な性能の確保のため、仮想環境の運用を支援するのが「仮想化システム運用支援サービス」です。仮想化システム運用支援サービスには、3つの特長があります。

特長

仮想化システム稼働情報監視システム構築サービス
運用ツールを利用することにより、仮想化の管理コンソールの知識を必要とすることなく、扱いやすいインターフェイスにて、実リソースに対する稼働率を把握でき、日々の効率的な仮想化環境の管理に貢献します。

仮想化システムバックアップ環境構築サービス
仮想マシンのスナップショット機能と連携し、バックアップ処理の一連の流れを容易化します。仮想化システムのバックアップでは、同一物理サーバ上の他の仮想マシンに負荷が増大するなどの問題が発生しますが、本サービスでは他の仮想マシンに影響を与えない効率的なバックアップ環境を構築します。

ディザスタリカバリ構築サービス
各社ストレージ製品のレプリケーション機能と透過的に連携して、総合的なディザスタリカバリ環境と自動化を提供します。ディザスタリカバリプランニングに伴う、設定・維持の労力やテストの困難さを解消します。

このようなお客さまにおススメ!

  • 仮想マシンA上で稼働しているアプリケーションの応答が遅くなった!
  • 仮想マシンBのディスクがあふれている!
  • 仮想マシンCのメモリが足りないみたいだ!

仮想化システムを利用しサーバ統合を行うと、管理すべきハードウェアは減少します。しかし、システム運用負荷が高くなるのではないかと御心配されているお客さま。日立システムズが培った仮想化環境の運用ノウハウと各種ツールを組み合わせ、運用負荷を軽減する運用支援サービスをご提供します。

図:一般的な仮想化システムの構成

図:仮想化システムライフサイクル

運用設計〜分析・対策を総合的に支援

構成・障害状況の見える化

課題物理サーバと仮想マシンが共存する環境では障害発生箇所の特定が困難。
また、障害対処による他の業務への影響有無と影響範囲が分かりにくい。
解決策運用管理ツール「JP1」によりシステム全体の稼働状態を一つの監視画面で一元管理します。仮想環境でも業務への影響範囲の確認や、対策の必要な障害発生サーバ (物理サーバ)の特定を迅速に行うことができます。

影響する仮想マシンを確認 障害が発生した業務から、影響のある仮想マシンをすぐに確認。 障害発生サーバの特定 障害が発生した仮想マシンから、対策が必要な実際の物理サーバをすぐに特定。

アンチスパムやアンチウイルスなどの機能を1台ずつのサーバで運用する場合、各サーバのリソースは十分に活用されていない場合があります。また、複数台のサーバを運用することで、サーバ購入費、サーバ保守費、設置スペースの確保、電力の確保などさまざまなコストが必要となります。

稼働状況の見える化

課題仮想化製品の管理ツールのみでは、分散されたデータの収集や長期的な傾向を管理することが困難。
また、物理リソース全体の使用率が分からず、リソースの空き状況が管理できない。
解決策運用管理ツール「JP1」により仮想マシンの稼働状況をリアルタイムで監視します。各仮想マシンのCPU利用率を確認し、リソースのバランスなどを確認できます。

アラーム監視画面 仮想マシンのCPU使用量レポート画面

稼働状況のレポート化

課題導入した仮想化システムについて、適切に稼働しているのか、評価には仮想化製品の管理ツールから見えるデータだけではなく、実際のゲストOS上のデータ、システム全体のデータを含めて評価・分析する必要があり、標準の管理ツールだけでは性能評価・分析が困難。
解決策キャパシティ管理ツール「ES/1 NEO」により、お客さま環境より採取したリソース情報を元にチューニングヒントを出力し、取り組むべき優先項目の判断に用いることができます。また、専門家による解説付きの評価報告書をご提供いたします。

パフォーマンス評価報告書

導入を検討の方はこちらから

  • 資料請求フォームを別ウィンドウで表示します
  • お問い合わせのページを表示します