仮想化用語辞典‐「あ行」

仮想化について、よく使われる用語をまとめました。

アセスメント(assessment)
サーバー統合を検討している場合、現状のサーバー利用状況を調査します。
リソース収集ツールを使用して集めたデータを元に分析を行い、最適なサーバー統合計画を支援すること。
日立システムズのアセスメントサービスとしては、「仮想化クリニック」がそれにあたる。

詳細はこちら

VMware(ヴィエムウェア)
全世界で20,000社を超える導入実績を誇る最先端の仮想化ソフトウェアです。
1台の物理サーバーで複数のサーバーを同時に実行することができます。ビジネス変化へ柔軟かつ迅速に対応できるIT環境を実現できるとともにTCO削減策として有効なソフトウェアと言える。

詳細はこちら

VMware ThinApp
VMware ThinAppは、アプリケーションを仮想化する技術でOSとアプリケーションを自由に展開することが可能です。 OSの仮想化はハードとOSを分離する事で、ハードリソースを有効活用することが可能です。 ThinAppを使用する事でさらにOSとアプリの分離が可能となり、OSのバージョン( NT、XP、Vista )により分けていた運用を、OSのバージョンを気にすることなく、アプリケーションを自由に展開することが可能です。

詳細はこちら

VMware vCenter Converter
物理マシンから仮想マシンへの変換のほか、仮想マシン フォーマット間の変換を自動化および簡素化することを指します。
VMware vSphere 4.0
VMware vSphere 4.0は、企業やデータセンター規模での仮想化インフラストラクチャとして、13万社以上のお客さまに利用されているVMware Infrastructureプラットフォームを基盤としている。
サーバー環境はもちろん、ストレージやネットワークを含む企業システム全体の仮想化・自動化・最適化を目的としており、業界初のクラウドオペレーティングシステムとして、柔軟性と信頼性を備えた次世代のITサービスを提供している。

詳細はこちら

VMware View
Windows XPやVistaが動作するクライアント環境をユーザサイドに配備する代わりに、VMware ESX Server上に仮想デスクトップとして集約することで、仮想化技術によりメンテナンス性や可用性が飛躍的に向上させます。
ユーザは仮想化されたデスクトップ環境にクライアントデバイスシン(クライアントや通常のPCなど)からRDP(Remote Desktop Protocol)で接続し、ローカルにインストールされた通常のデスクトップと同じ感覚で、自分のデスクトップにアクセス可能です。
クライアント環境のデータは全てサーバー側にあるのでセキュアな環境を構築しつつ、夜間に一斉にパッチ適用やバックアップなど一元管理が可能です。

詳細はこちら

VMware Workstation
現在使用しているデスクトップやラップトップコンピュータが持つ真のパワーと柔軟性をご確認いただけます。
1台の物理PC上で同時に複数のオペレーティングシステムを実行可能となります。また、タスクの自動化および効率化により、時間を短縮して生産性を向上することができます。
世界中の数百万人のユーザーが、VMware Workstationを活用しています。

詳細はこちら

VMware VIP プレミアパートナー
ヴイエムウェア社が認定する販売パートナーの最上位資格である。
日立システムズは、国内3社(2009年12月時点)のみ保有しているこの資格を取得しており、コンサルティングから保守運用まで一貫した仮想化ビジネスを提供している。

詳細はこちら

VMware認定コンサルティングパートナー
世界的な仮想インフラストラクチャ市場の拡大に伴い、質の高いコンサルティングプログラムへのニーズが高まっていることから、2004年4月にワールドワイドで開始されたVMware社の認定パートナー制度です。
日立システムズは、国内に11社あるVMware社認定のコンサルティングパートナーの1社です。
VMware社のトレーニングを受けた当社の認定技術者がVMware社と同等の仮想化システム構築に関するコンサルティングを提供します。

詳細はこちら

VMware Certified Professional(VCP)
VMware仮想化テクノロジを展開およびメンテナンスするための知識を有する、ヴイエムウェア社認定の技術者資格です。日立システムズでは、この専任エンジニアを多数保有(国内トップレベル)しており、お客さまの満足度を向上できるワンランク上のサービスをご提供いたします。(2011年07月27日時点:247名)

詳細はこちら

VMware Sales Professional(VSP)
ヴイエムウェア社が認定する、VMwareセールスプロフェッショナル資格です。
日立システムズでは、VMware製品およびソリューションについての知識を有し、お客さまの求める仮想化を実現するために、あらゆる角度からサポートする営業スタッフを多数保有しております。(2011年09月14日時点:419名)

詳細はこちら

VMware Technical Sales Professional(VTSP)
ヴイエムウェア社が認定する、VMware テクニカル セールス プロフェッショナル資格です。
(2011年09月14日時点:136名)

詳細はこちら

VMotion
VMware vSphereの代表的機能の一つ。仮想マシンを、稼働中のOSを停止させることなく、クライアントからのセッションを維持したまま、物理サーバー間で移動できる機能。
エンドユーザに影響を与えずに、実行中の仮想マシンを別の物理サーバーに移行します。
サーバーの統合によるITコストの削減と柔軟性の向上、ビジネス継続性とディザスタリカバリによるダウンタイムの削減と信頼性の向上、VMwareのグリーンITソリューションにより、実行するサーバー数を低減し、未使用サーバーを動的にパワーオフすることでエネルギー効率を向上させます。

詳細はこちら

VMware DRS(Distributed Resource Scheduler)
Vmware vSphereの代表的機能の一つ。VMotionを利用し、リソース割当を時間や使用率で自動的に調整(スケジュール)する機能。
コンピューティングリソースの動的な割り当てとバランシングを行い、ビジネス目標に合わせてITインフラストラクチャを調整します。
リソースプール全体の使用率を継続的に監視し、ビジネスニーズに合わせて使用可能なリソースを仮想マシン間にインテリジェントに割り当てます。
サーバーの統合によるITコストの削減と柔軟性の向上、ビジネス継続性とディザスタリカバリによるダウンタイムの短縮と信頼性の向上、使用するサーバー台数を削減し、VMwareのグリーンITソリューションで未使用のサーバーを動的にパワーオフすることで、エネルギー効率を向上させます。

詳細はこちら

VMware HA(High Availability)
Vmware vSphereの代表的機能の一つ。費用対効果に優れた高可用性を提供し、オペレーティングシステムや基盤となるハードウェア構成に関わらず、あらゆるアプリケーションを仮想マシン上で実行します。
障害発生時、別仮想環境にて仮想マシンを自動的に起動するなど、ビジネス継続性によるダウンタイムの削減と信頼性の向上が可能になります。

詳細はこちら

VSolution(ヴイソリューション)
VSolution(ヴイソリューション)は、日立システムズが提供する仮想化ソリューションのブランド名称です。

詳細はこちら

Webセキュリティ
不正アクセスや改ざんからWebサーバーを保護することを言う。
Webサイト閲覧におけるウイルス/スパイウェアの感染予防と、業務に関係のないWebサイトの閲覧を制限(URLフィルタリング)することにより、セキュアなWebアクセス環境を実現するSaaS型サービスがある。

詳細はこちら

仮想化用語辞典へ戻る