仮想化用語辞典‐「か行」

仮想化について、よく使われる用語をまとめました。

仮想化
仮想化とは、1台のサーバーを論理的に分割し複数台のサーバーを仮想的に利用する仕組み。
それぞれ別OSやアプリケーションを動作させることが可能であり、サーバーリソース(メモリ、CPU等)を効果的に活用できる。

詳細はこちら

仮想PC型シンクライアント
仮想化技術を活用したシンクライアントサービスであり、別称で仮想デスクトップとも言われている。
仮想化サーバー上でPCのアプリケーションやデータ、ファイルを一元管理する。情報漏えいやセキュリティ対策はもちろん、パンデミック対策、事業継続の施策として有効である。
日立システムズでは、「VMware View」を活用した仮想PC型シンクライアントサービス「VMSiCS」を提供している。

詳細はこちら

カプセル化
仮想マシンは基本的に、すべての仮想ハードウェアリソースだけでなく、オペレーティングシステムとそのすべてのアプリケーションを1つのソフトウェアパッケージ内にまとめる(カプセル化する)、ソフトウェアコンテナです。
カプセル化によって、仮想マシンは可搬性の高いものとなり、また容易に管理できます。
例えば、他のソフトウェアファイルと同様に、仮想マシンを1つの場所から別の場所に移動およびコピーできます。また、ポケットサイズのUSBフラッシュメモリカートからエンタープライズSAN(ストレージエリアネットワーク)に至るまで、標準的なデータストレージメディアに、仮想マシンを保存することもできます。

詳細はこちら

クラウドコンピューティング(cloud computing)
自席のPCで管理・利用していたソフトウェア(オフィス、メール、グループウェア等)やデータなどを、インターネットなどのネットワークを通じて必要に応じて利用するサービス形態。
利用者は、煩雑なソフトウェアの購入やインストール、最新版への更新、作成したファイルのバックアップなどの作業から解放されるとともに、必要なときに必要なだけソフトを利用することができるため、PCライフサイクルが効率化できる。
無償提供もあるが、一般的には利用期間や利用実績などに応じて使用料を支払う。
大企業などが自社ネットワーク上で社員が利用するためのクラウドコンピューティングシステムを「プライベートクラウド」、インターネットから誰でも利用できるようなサービスは「パブリッククラウド」と言われている。
グリッドコンピューティング(grid computing)
ネットワーク上に存在する個々のコンピュータリソースを有効活用(集約、融合)して、仮想的に高性能コンピュータを構成したり、必要に応じてリソース配分を行ったりできるようにするというコンピュータ利用形態。
あたかも1つの巨大リソースとして利用できるようにする技術の総称。
グリーンIT
地球環境保護や資源の有効活用にITの分野で取り組む働きの事をいう。
IT機器のリサイクル向上や省電力化などが代表的な取り組み。
仮想化は、企業にとってコスト削減といった要素を大きく取り上げられているが、その側面では、サーバー統合による電力消費量削減がCO2削減に繋がっている。
コンソリデーション(consolidation)
もともと「合同、整理統合」を意味する英語であるが、ICTでいうコンソリデーションとは、部門ごとに構築されているサーバーやデータベース、ストレージ、アプリケーションなどを整理統合するという意味。

詳細はこちら

コールド・マイグレーション
あるホスト(物理マシン)上で電源OFFの状態の仮想マシンを、停止状態のまま別のホストに移行する機能です。米VMware製品のVMware ESX Serverが備えており「VMotion」を指します。

詳細はこちら

仮想化用語辞典へ戻る