はじめての仮想化ガイド

今、注目されている仮想化技術。
これから仮想化を必要とされる方に、基礎知識をわかりやすくご紹介します。

  • はじめての「仮想化」ガイド 仮想化とは何か
  • はじめての「仮想化」ガイド 仮想化のメリット・デメリット
  • はじめての「仮想化」ガイド なぜ今、仮想化か
  • はじめての「仮想化」ガイド さまざまな仮想化技術

仮想化のメリット・デメリット

仮想化のメリット

メリットその1:サーバーの台数を削減できる

仮想化技術によってサーバーを効率的に使うことにより、今まで必要であった複数のサーバーを物理的に削減することができます。

サーバー台数の削減は、

  • 設置スペースの削減
  • 消費電力の削減
  • ハードウェア投資コストの削減

につながります。

また、サーバー上の未使用のリソースを効率よく利用するので、余剰なリソースを無くし、サーバーの処理能力を最大限に発揮させることができます。

メリットその2:サーバーをファイル感覚で管理

仮想化の最大の特徴・メリットは、サーバー環境を「カプセル化」し、ファイル感覚で管理できるようになることです。

カプセル化によって、

  • 1台のサーバー上で複数の環境を動作させることができる
  • 古いOSと新しいOSの共存が可能
  • ホスト名・IP・Macアドレスも個々の環境に割り当てが可能
  • CPU・メモリと異なったリソースを複数環境で共有できる
  • ウイルスなどによって破壊された場合でも、他の環境に影響が出ない
  • 簡単に別マシンへ環境の移行、削除が可能
  • バックアップ・リストアがファイルのコピー感覚で簡単にできる

などのさまざまなメリットが生まれます。

※「カプセル化」:仮想ハードウェアリソース・OS・アプリケーションを1つのソフトウェアパッケージ内にまとめた(カプセル化した)、ソフトウェアコンテナのこと。

詳しくは、仮想化用語辞典へ

サーバー環境

仮想化にはデメリットもある

仮想化ソフトウエアは、物理サーバーの処理能力を使って動きます。小規模のサーバーを統合しても処理能力とのバランスが悪ければ、かえって投資コストの方が高くついてしまいます。一般的に、10台以上のサーバーを持つ場合に、仮想化のメリットを得られると言われています。

仮想化導入後、サーバー管理者には仮想化に関する専門知識を持ってもらう必要があります。

日立システムズの「おてがる仮想化パック」は、小規模のサーバーでもメリットが出るパッケージソリューションです。設計・ハードウェア・仮想化ソフト・環境構築だけではなく、保守、管理者の操作教育をオールインワンでご提供しています。

詳しくは、おてがる仮想化パックへ

日立システムズのVSolutionで正しい仮想化を

日立システムズの「VSolution」は、多彩な仮想化ソリューションで、
お客さまの導入プロセスをトータルにサポートします。
「VSolution」の詳しい情報はこちらから。

仮想化とは何か仮想化のメリット・デメリットなぜ今、仮想化かさまざまな仮想化技術

導入を検討の方はこちらから

  • 資料請求フォームを別ウィンドウで表示します
  • お問い合わせのページを表示します