VMware Thinapp

VMware ThinAppは、アプリケーションを仮想化する技術でOSとアプリケーションを自由に展開することが可能です。

  • 製品概要
  • 機能紹介

製品概要

イメージ図:Windows Operating System

Windowsアプリケーションを仮想化し、アプリケーションの移行や展開をシンプルに

VMware ThinAppは、Windowsアプリケーションの動作に必要なレジストリ情報やシステムファイルを、アプリケーションと合わせて一つのEXEファイルにカプセル化します。
アプリの動作はカプセル内で完結するため、従来はレジストリ情報等によりWindows OSと紐づいてしまっていたアプリを、OSから分離し独立して動作させる事が可能になります。
これまで必要だった、アプリのインストールやWindowsのバージョンによる互換性問題、アプリのバージョンが複数同時に存在する場合のコンフリクト等を回避し、自由に展開する事ができるようになります。

VMware ThinApp 使用前と使用後

イメージ図:VMware ThinApp 使用前と使用後

VMware ThinAppを利用する事によるメリット

  • アプリケーションインストール不要(クリーンなOSを保てます)
  • アプリケーションをUSB等で自由に持ち運び可能
  • アプリケーションの展開を早め、リグレッションテストを排除
  • アプリケーション同士のコンフリクトを排除 (Office97とOffice2003の共存も可能)
  • サーバなどの専用システムの構築が不要
  • ユーザ権限の PC 上でアプリケーションを稼動(インストールが不要なため)
  • レガシーアプリの移行(Windows 2000用アプリをWindows 7上で動作させる等)

関連ソリューション

導入を検討の方はこちらから

  • 資料請求フォームを別ウィンドウで表示します
  • お問い合わせのページを表示します