VMware View

VMware Viewは、デスクトップ環境をサーバに統合し、オペレーティングシステム、アプリケーション、およびデータを別個に管理し、シンクライアント化を実現します。

  • 製品概要
  • 機能紹介
  • エディション機能

機能紹介

View Manager

仮想デスクトップの管理・設定のほか、リモート端末と仮想デスクトップを自動的に紐づける、コネクションブローカーです。View Managerを介する事で、ユーザは安全に仮想デスクトップにログインできます。 また、VPN接続用のView Security Serverを別途立てる事も可能です。

イメージ図:View Manager

PCoIP

PCoIPは、LAN、WAN経由でデスクトップをリモート転送する、高性能な表示プロトコルです。仮想デスクトップ上のテキスト、画像、動画等を、ネットワーク状況に合わせて自動で最適化し、高速に表示します。

イメージ図:PCoIP

View Composer

従来のVDIでは各仮想デスクトップに最初に割り当てたHDD容量をそのまま消費していました。しかしView Composerではシステム環境とユーザ環境を分離し、システム環境をマスタイメージとして各仮想デスクトップで共有します。マスタイメージに適用したパッチは、それを共有している仮想デスクトップ全てに反映され、HDD容量の削減とパッチ適用の一元化を実現します。

イメージ図:View Composer

VMware ThinApp

アプリケーションをカプセル化し、OSや他のアプリケーションから隔離します。カプセル化されたアプリケーションはWindowsへのインストール無しに利用できる独立したexeファイルとなり、多数の仮想デスクトップへの配布やアプリケーションの共有を簡単に行えるようになります。
さらにThinAppとView Composerを連携させる事で、マスタのアプリケーションのアップデートを全てのViewユーザへ反映する事ができます。

イメージ図:VMware ThinApp

USBリダイレクト

リモート端末側に接続されたUSBマウスやスキャナ、プリンタ、ストレージデバイス等を仮想デスクトップ側へリダイレクトし、あたかも通常の物理マシンのように利用する事が可能です。

イメージ図:USBリダイレクト

Virtual Printing

リモート端末側に接続されているプリンタで、仮想デスクトップ上のデータを印刷できます。プリンタドライバのインストールは不要です。印刷データは仮想デスクトップからリモート端末へ圧縮転送され、ネットワーク帯域を消費する事なく、物理マシンと同様にデータの印刷をする事ができます。

イメージ図:Virtual Printing

オフラインデスクトップ(試験サポート)

仮想デスクトップとリモート端末上の仮想マシンを同期し、ネットワーク接続がない状態でも仮想デスクトップのクローンをオフライン上で利用する事ができます。オフラインからオンラインに復帰し、リモート端末がView Managerにチェックインすると、オフライン利用時のデータがvSphere上の仮想デスクトップへフィードバックされ、以降は通常のリモート接続による利用が可能になります。

イメージ図:オフラインデスクトップ(試験サポート)

シングルサインオン

ローカルPCへのログイン権限を利用し、View Manager、仮想デスクトップへのログインを一括で実行します。ユーザは通常のWindowsを利用するのと同じ感覚で、一度のログインで仮想デスクトップへリモート接続できます。

イメージ図:シングルサインオン

関連ソリューション

導入を検討の方はこちらから

  • 資料請求フォームを別ウィンドウで表示します
  • お問い合わせのページを表示します